長期優良住宅の条件と意外なデメリット

2020-10-11

このページではそろそろ家を建てたいと思っているあなたに、長期優良住宅に関して説明いたします。
「家づくり初心者の方が損しない方法」を紹介していきます。

長期優良住宅とは?条件は何?

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造及び設備に講じられた優良な住宅のこと。

長期優良住宅の建築・および維持保全の計画を作成して所管行政庁に申請することで、基準に適合する場合には認定を受けることが可能。

条件は以下の通り

  • 住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられている
  • 住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有する
  • 地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものである
  • 維持保全計画が適切なものである

 

長期優良住宅のメリット

税金面での優遇

  • 不動産取得したときに発生する不動産所得税が安く済む
  • 不動産価格の0.15%の登録免許税が必要ですが、長期優良住宅は税率が0.1%に優遇
  • 固定資産税は一戸建てで5年、マンションで7年もの間2分の1に減額

その他の金銭的メリット

  • 住宅ローン控除が、長期優良住宅では5000万円まで優遇
  • 長期優良住宅にするときには、補助金が出る場合も

 

長期優良住宅のデメリット

申請に時間、建築に費用がかかる

  • まず申請のための時間が必要になる点
  • 通常の住宅と比べて建設コストが1.2・1.3倍に増える傾向がある

定期的な点検をする必要

  • 住み始めてからの定期点検が必要

 

長期優良住宅にするかどうかは、自身が決めたハウスメーカーや工務店としっかりと話あって決めた方が良いかと思います。

家を建てる時に安く損なく買う方法

長期優良住宅を建てる際に、後悔しないように最初に損なく購入できる方法をシェアします!

CHECK!!希望する土地・間取りで住宅メーカーの費用を比較する事

少ない情報の中で、すぐに決めてしまうと後悔する方が多くいます…

住宅展示場だと、ゴリゴリの営業をされるし、何回も同じ話をしなくてはいけません。(その上収穫は少ないです)

住宅展示場に行く前に、 事前にやっておく事が1つ あります。

家で簡単に依頼が出来る、各社大手ハウスメーカーに希望間取りで見積もりを出してもらう事です。

各ハウスメーカーで得意・不得意があるので、やらないと何百万と大損してしまう可能性があります。

 

長期優良住宅を建てたいと思ったら、まず使うべき無料サービス

長期優良住宅を建てたい・購入したいと思ったら、最初に使っておくべき無料サービス

私も利用したのですが、 希望間取りの大まかな費用相場が比較 できるタウンライフ家づくりがあります。

家づくりを考える際に、一括で大手ハウスメーカーに希望間取りを依頼できます。
家のソファーで、寝ころびながらでも使えるスマホのサービス。

このサービスのすごい所は
厳選された大手ハウスメーカーの、希望にあった間取りプランを提案してくれること

大まかな希望間取り・資金計画・地域を入力するだけ。

あとは気にある注文住宅会社を、選択するだけでOK!

驚くと思うのですが、ハウスメーカーによって同じ坪数の間取りでも費用に何百万と差が出ます。

自分達の希望金額に合う住宅メーカー選びが、家を建てる際に重要となりますので、

まずは簡単に費用比較ができるので、後悔しないように 無料サービス なので使っておきましょう。

(完全無料)たった3分!大手住宅メーカーの費用相場の比較なら⇒

 

実際にサービス利用の方は、満足されている方が多かったようです。

タウンライフ家づくりの口コミ

費用に合う所だけだったので参考になった!

実際に使ってみたのですが、総費用がどれくらいかかるのかが分かり、非常に参考になりました。

住宅展示場では、かなり坪単価が高い所で、相手にされず嫌な思いしたので…担当の方がより親切に感じました。

(30代男性)

簡単な手順で情報が一気に集まった

共働きで、子供も小さいのでなかなかマイホーム計画に動きだせなかった時、ネットでタウンライフを知り使ってみました。

自分達の理想の間取りなど、一括で3社に提案してもらいました。一気に話が進み一番費用と担当者が良かったハウスメーカーに決めました。

使わないと、高い坪単価のメーカーにしてしまっていたかもしれないので、良かったです。建てる前に「こういう家にしたい!」というネタを多く持っていた方が絶対良いですよ。

(30代女性)

家の相場を知りたかったので利用

家を建てるか迷っている時、自分の地域でどれくらいの費用か知りたく、タウンライフを利用。

住宅メーカーの方から連絡が来た時に、相場が知りたかっただったので。と伝えたら、愛想よく対応してくれて。その後営業電話もなかったです。本当に家を建てる時にも利用したいと思いました。

(20代男性)

⇩こんな人にタウンライフはおすすめ⇩

  • マイホーム計画を立てたい方
  • 忙しくなかなか時間が取れない方
  • 複数のハウスメーカーを比較したい方
  • 理想の間取りの費用が知りたい方
  • 土地探しから依頼したい方

\理想のマイホームの第一歩/
希望間取りの費用比較
完全無料・3分・しつこい営業なし

 

他の家づくりサイトを比較

タウンライフ以外にも、同じような「家づくり」サイトがあるのですが、

タウン
ライフ
スーモ ライフル
ホームズ
カタログ
資金計画
間取り図
土地探し

他のサービスですと、カタログしかもらえないのが現実…

  • 間取り図
  • 資金計画書
  • 土地探し

まで無料で出来るのは タウンライフ家づくりだけ です。

 

住宅ローンの金利安い今は建てるチャンス

家を建てる時に、9割以上の人が住宅ローンを組むと思います。

住宅ローン

2020年の現在でも超低金利が続いています。年利0.5%くらいで借り入れが可能なので、住宅ローン控除で年1%戻るのでお得。

景気が上向いてきた頃に、徐々に住宅ローンに金利も上がってくるので、 今が家を建てるのに絶好の時期。 

 

タウンライフで情報収集から始めよう

タウンライフで情報収集

  • 完全無料
  • 入力はたったの3分で依頼完了
  • 複数ハウスメーカーに一括間取り作成
  • 建てる場所・間取り・費用比較が簡単
  • 「家づくり」の冊子が毎月先着で貰える

私も3社に依頼し、 ほぼ希望通りの土地・間取りの家を建てる事が出来ました。  すごく親切・丁寧な担当の方と出会う事が出来、無理難題も一緒にすごく考えてくれて、良い提案をしていただきました。

家を建てる時に、なんでも相談できる担当者というのは絶対に必要だと思いました。より多くの選択肢にするためにも、タウンライフをまず使ってみましょう。

実は今の家賃で、家を建てれる事が多いので!マイホームの最初の一歩に是非とも役立ててください

\今の時期だからこそ家で情報収集/
タウンライフもっと詳しく
完全無料・3分・しつこい営業なし

2020/9/19追記
コロナ渦で、不動産価格も一時的な下落してます。2021年4月くらいまで建てるにはチャンス。
今だからこそ、タウンライフで情報収集から始めてみましょう!

運営者情報